RHシリーズ 生産用噴霧熱分解装置

スプレードライヤとは?技術案内利用例PDF 一覧表



生産用噴霧熱分解装置
標準仕様表

型式

RH-40L

RH-40H

反応塔内温度

450℃

800℃

水分蒸発量

40kg/h

40kg/h

機能一覧
生産用噴霧熱分解装置の特長

1.金属製炉心管の採用
2.クロスコンタミが少ない
3.装置立ち上げ時間の短縮
4.ジャケット式加熱炉の採用
5.熱風を循環利用することによる省エネ

噴霧熱分解装置による製品の

特長

1.組成が均一で微量成分元素の均一分散性に優れる
2.粒子は一次粒子が造粒した二次粒子となる
3.球状で分散性の良い微粒子が得られる( サブミクロン~ 10μm 程度)
4.粒子形状はポーラス状で成形時に破砕されやすい
5.表面活性が高く、焼結しやすい
6.複合セラミックスは、製品粉末を焼結することにより、ナノ複合材料として合成することができる。
用途

セラミックス/ 化成品/電池材料

業種

電子関連業界/化学業界/自動車関連/ 窯業・ファインセラミック

仕様

加熱源(熱媒油による間接加熱)
微粒化方式 (ノズル)
製品回収方式(サイクロン一点捕集)

備考

※上記は開発中モデルとなります。実際の仕様と異なる場合があります。ご了承下さい。
RHシリーズ
PAGE TOP ↑